• Movable Type 5.11をXAMPP lite1.7.3にインストールしてみた

    Movable Type 5.11をXAMPP lite1.7.3にインストール

    2011/6/9に Movable Type 5.11がリリースされました

    今回は Movable Typeのインストール時に作成される「mt-config.cgi」を事前に用意してから
    インストールを行ってみようと思います

    過去のMovable TypeとXAMPPのインストール作業の紹介

    XAMPPにMovable Type 5.1beta をインストールしてみる
    XAMPP liteにMovable Type 5 をインストールしてみるつもりが大苦戦!!
    XAMPP liteをUSBにインストールの流れ

    作業内容

    Movable Type 5.11のダウンロード
    Movable Type 5.11のインストール

    Movable Type 5.11のダウンロード

    まずはMovable Typeの公式サイトから「MT5.11」をダウンロードします
    mt511_12
    Movable Type.jp 日本

    有償版・無償版を選んで「MT-5_11-ja.zip」をダウンロードします

    mt511_13
    ダウンロードしたファイルを解凍し
    XAMPP lite内のhtdocsにコピーし フォルダ名を「mt5.11」にしました

    Movable Type 5.11のインストール

    「mt-config.cgi」を作成

    mt511_01

    通常 Movable Typeをインストールすると
    「mt-config.cgi」ファイルが作成され このファイルにデータベースの情報などが記載されます

    mt511_03

    今回は 「mt-config.cgi-original」をコピーし
    ファイルのパス・データベースの情報・メールの設定情報を記入
    「mt-config.cgi」として保存しました

    XAMPP liteにMovable Type 5 をインストールしてみるつもりが大苦戦!!」の時にできた
    mt-config.cgiを参考にしました

    Movable Typeのトップページからインストール作業開始

    mt511_02

    「http://localhost/mt5.11/」にアクセス
    「サインインをクリック」します

    mt511_04

    いきなり「アカウントの作成」画面が表示されるので
    データベースの設定のステップを省略できました

    必要な情報を入力し「次へ」をクリック

    mt511_05

    URLのパスを設定し「インストール」をクリック

    mt511_07

    データベースの初期化・作成が自動的に行われます

    mt511_08

    インストール完了!!
    「Movable Typeにサインイン」をクリックします

    mt511_09

    先ほど設定した「ユーザー名」「パスワード」を入力し「サインイン」をクリックします

    mt511_10

    これがMovable Type 5.11の管理画面です

    以上で今回の作業は終了~

    mt-config.cgiを作ってからのインストールをやってみた感想

    ちょっと早いかも…

    以上です

Comments are closed.