Net Bussiness

仕事もインターネットがかかせませんもんで

IT News

インターネット上に飛び交う情報は本当か?でまかせか?

Technology

技術の進歩ってすごいよね!

ねこ

ねこっていいよね♪

最近のメモ

  • WordPressの投稿をFacebookページにも投稿させるプラグイン「Facebook for WordPress」を使ってみる

    2012年6月に公開されたFacebook公式のwordpressプラグイン「Facebook for WordPress」の紹介です このプラグインを導入するとWordPressの投稿を同時にFacebookページのタイムラインにも投稿できるようです 簡単に導入できるかと思ったら結構手間がかかるみたいで なかなかうまく行かずかなり手こずりそうです Facebookアプリの設定方法を詳しく知らない人は そこでかなり苦戦すると思います プラグインのダウンロードは WordPressの管理画面からプラグインの新規追加で「Facebook」と検索すればたぶん1番目に「Facebook」と表示されるのでそれをインストールします ※作者がFacebookとなってるやつです
    Continue Reading →
  • ムームードメインでドメイン取得してみた

    お名前.comではドメイン取得し利用もしてますが 今回はムームードメインでドメイン取得してみました 取得したかったドメインがお名前.comで取得できなくて ムームードメインで取得可能でしたし ムームードメインでのドメイン管理についても経験しておきたかったので この2つのドメイン取得サービスはよく比較されてますが 料金での比較がほとんどで 使いやすさや管理方法・継続手続きなど詳しいことが書かれている記事がなかったので 自分で実際に使ってみたほうが早そうです ムームードメインの公式サイトにアクセス ムームードメイン公式サイト 取得できるドメインを検索する 「ドメイン検索」に取得したいドメイン名を入力し「チェックする」をクリックします ※ドメイン名はWebサイトの表札みたいなものなので サイトに関連した短くわかりやすい文字列(半角英数字)を決めて下さい 会社名やサービス名を付けるのが一般的です あとで変更できないのでじっくり考えましょう ドメインが取得できるかどうか確認する 「登録できます!」と表示されたドメイン名が 取得できるドメイン名となります 「.com」「.net」などによって取得できたりできなかったりします ドメイン取得手続きへ 取得したいドメインが取得できるとわかったら「登録できます!」をクリックします ムームードメインの登録手続き ドメイン取得の前にムームードメインのユーザー登録を先に行います すでに登録済みの方は「ユーザー登録済み」にチェックして「お申し込みフォーム」クリック 初めてムームードメインを利用する方は「初めて」にチェックして「お申し込みフォーム」をクリックしてムームードメインの登録手続きを行います ムームードメインのユーザー登録 ムームードメインのIDやパスワード 個人情報(名前・住所など)を入力していき 最後に「お申し込み内容確認」をクリックします ムームードメインからのメールを確認する 先程登録したIDやパスワード・ドメイン名などが記載された確認メールが届くので確認してください ムームードメインにログインする ムームードメインのコントロールパネルにムームーIDとパスワードを入力し コントロールパネルからドメインの支払いを行います 左のメニューから「料金お支払い」をクリックします 取得したドメインの「入金状態」が未入金になってますので 「お支払い」をクリックし お支払い手続きを行います 支払方法は「銀行振込」「コンビニ決済」「クレジット決済」「おさいぽ!」から選択して下さい ※入金締切日が10日程ありますが それまでに支払いを完了しないと再度ドメイン取得申請を行うことになります あとは 支払い確認が取れるまで1日2日待ちます
    Continue Reading →
  • Woopraのダッシュボードが大幅に変更されてました

    リアルタイムアクセス解析ツールとして有名な【Woopra】が最近大幅な改良を加えたようです (2012年4月9日かな) バージョン5からダッシュボードデザインが一新されました もともとUIの作りこみが素敵で 見やすくわかりやすいデザインで 直感的にアクセスデータを把握しやすいと思ってました 2年以上前から利用していましたが その時期はローカルインストール版もあり (たしかバージョンは1.3か1.4くらい) Web版よりもサクサク動いて使いやすく重宝してましたが 現在はローカル版のアップデートが終了しWeb版のみの利用となってます ※一応ローカル版もいまだに利用できてます リアルタイムでWebサイトの閲覧ユーザーの動きを把握できるので まるで実店舗でお客様の動きを観察しているような感覚になります どちらも無料で利用できますし 熱心なECサイトの運営者の方にはGoogle Analyticsと共にWoopraも同時に導入を勧めております
    Continue Reading →