• XAMPP lite にEC-CUBE2.11.1をインストールしてみる

    XAMPP lite に EC-CUBE2.11.1をインストールして持ち運ぼう

    作業内容

    • EC-CUBEのダウンロード
    • データベースの作成
    • EC-CUBEのインストール
    • EC-CUBE2.4.4との違いを少し確認

    EC-CUBE2.11.1をダウンロードする

    EC-CUBE公式サイトから正式版(Ver2.11.1)をダウンロードする
    ec-cube_01

    ダウンロードした「eccube-2.11.1.zip」を解凍
    解凍した「eccube-2.11.1」フォルダ内の「data」フォルダ丸ごとと「html」フォルダ内のすべてのファイルを
    XAMPP liteの「htdocs」フォルダに移動(コピー)します

    今回はec-cube用に「eccube」フォルダを用意し その中にコピーすることにしました

    ファイルをコピーしている間に XAMPPを起動

    ec-cube_02

    「eccube-2.11.1」の「data」と「html」フォルダのコピーが完了ec-cube_03

    ブラウザから「http://localhost/eccube/install/」にアクセス

    ec-cube_04

    あっ エラーメッセージが出た

    先ほど「data」と「html」内のファイルの階層を変えたのが原因のようです
    「html」フォルダに入っていた「define.php」をちょこっと編集
    ec-cube_05

    3行目の

    
    define("HTML2DATA_DIR", "../data/");
    
    

    
    define("HTML2DATA_DIR", "./data/");
    
    

    に変更

    再度「http://localhost/eccube/install/」アクセスしました

    ec-cube_06

    インストール開始画面が表示されましたね
    「次へ進む」をクリック

    ec-cube_07

    「アクセス権限は正常です。」と表示されたので「次へ進む」をクリック
    必要なファイルのコピーが開始されます。

    ec-cube_08

    一瞬なので 終わったかどうかわかりにくいですが「次へ進む」をクリック

    ec-cube_09

    「ECサイト」「管理機能の設定」「WEBサーバの設定」の設定をします
    「ECサイト」と「WEBサーバの設定」は バージョン2.4を一緒ですが
    「管理機能の設定」が追加されていました
    「管理画面へのアクセス」をIPアドレスで設定できるみたいです

    「ECサイトの設定」

    ec-cube_10

    • 店名
    • メールアドレス
    • ログインID
    • パスワード

    を設定します
    「ログインID」と「パスワード」は管理画面に入るときに必要ですので メモしておいてください

    「管理機能の設定」

    ec-cube_11

    • ディレクトリ
    • SSL制限
    • IP制限

    を設定します
    とりあえず 何も設定せずにこのままでよさそうです

    詳しいことがわかったら ここに記載しようと思います

    「WEBサーバの設定」

    ec-cube_12

    • URL(通常)
    • URL(セキュア)
    • 共通ドメイン

    を設定します
    ここも 今回はこのままの設定にしておきます

    「次へ進む」をクリック
    ec-cube_13
    続いて データベースの設定です
    「PostgreSQL」か「MySQL」のどちらかを選択できます

    XAMPP(lite)の場合「PostgreSQL」が使えないので「MySQL」を選択します

    あっ EC-CUBE用のデータベース作ってなかった…

    EC-CUBE用のデータベースの作成

    「http://localhost/phpmyadmin/」にアクセスec-cube_14
    適当に「データベース名」を付けて「作成」をクリックec-cube_15

    データベースの完成
    続いて このデータベースにアクセスできる「データベースユーザ名」と「データベースパスワード」を作成しておきます

    ※すべてのデータベースにアクセス権限のある「データベースユーザ名」と「データベースパスワード」が
    すでにある場合は それを使っても構いません

    ec-cube_16

    先ほど作ったデータベースが選択された状態で 右上の「特権」をクリック
    ec-cube_17

    「新しいユーザを追加する」をクリックします

    ※すでにデータベースにアクセスできる「データベースユーザ名」と「データベースパスワード」はありますが
    今回は専用のユーザを用意しようと思います

    新しいユーザを追加する

    ec-cube_21

    ログイン情報

    「ユーザ名」と「パスワード」を入力します

    EC-CUBEのインストールに使うのでメモしておきます

    ユーザ専用データベース

    さっき作ったデータベースに権限を与えたいので「Grant all privileges on database “データベース名”」を選択し
    右下の「実行」をクリック

    新しいユーザを追加するついでに専用データベースを作成する事もできるので作業が1回で済みます
    その場合は、「データベースユーザ名」と「データベース名」が一緒になります

    ec-cube_22

    これでEC-CUBE用の
    「データベース名」
    「データベースユーザ名」
    「データベースパスワード」
    が作成できました
    先程のインストール作業に戻ります

    データベースの設定

    ec-cube_131
    「DBの種類」「DBサーバ」「ポート」「DB名」「DBユーザ」「DBパスワード」を入力していきます

    • 「DBの種類」→「MySQL」
    • 「DBサーバ」→「localhost」
    • 「ポート」→空欄
    • 「DB名」→「データベース名」
    • 「DBユーザ」→「データベースユーザ名」
    • 「DBパスワード」→「データベースパスワード」

    ec-cube_20
    こんな感じで入力できたら「次へ進む」をクリック

    <データベースの初期化>
    ec-cube_23

    さっき設定したデータベースを初期化し テーブル等を作成するか確認されます
    「データベースの初期化処理を行わない」にチェックせずに「次へ進む」をクリック

    ※データベースを引越ししたりして すでにテーブル等がある場合は
    「データベースの初期化処理を行わない」にチェックをして「次へ進む」をクリックしてください

    データベースの初期化完了

    ec-cube_24
    データベースにテーブルが作成されたようなので「phpMyAdmin」から確認してみました
    ec-cube_25
    さっきは空っぽだったデータベースに119個のテーブルが作成されています
    テーブルの接頭辞は「dtb_」「mtb_」ですね

    「次へ進む」をクリック

    サイト情報について

    ec-cube_26

    「次へ進む」をクリック

    EC CUBE インストールが完了しました。

    ec-cube_27
    これでEC-CUBE2.11.1のインストールが完了です

    「管理画面へログインする」をクリック

    インストール後の「/install/index.php」の削除

    ec-cube_28
    「>> /install/index.php は、インストール完了後にファイルを削除してください。」と表示されているので
    必ずファイルを消すようにしてください

    ec-cube_29
    赤枠の「index.php」を削除します

    ec-cube_30
    再度「http://localhost/eccube/admin/」にアクセスすると
    「>> /install/index.php は、インストール完了後にファイルを削除してください。」の文字が消えてました

    最後に管理画面を確認

    ec-cube_31

    あれっ ユーザー名が「???」になってる

    もしかして…

    ec-cube_32

    一部文字化けしてますねー

    バージョン2.4.4と一緒で「/data/class/SC_DbConn.php」をいじればいいのかなーっと思ったら
    「/data/class/SC_DbConn.php」がない…

    EC-CUBEのコミュニティサイトで同じような症状のコメントを発見
    質問 > その他 > 2.11.1で文字化けが直らない

    もしやと思い データベース内のテーブルの「照合順序」を確認

    ec-cube_33

    なぜか「latin1_swedish_ci」になってました
    コレが原因なのかなー
    ってことですべて(テーブル119個)の「照合順序」を「utf8_general_ci」に変えてみようと思います

    いや「utf8_unicode_ci」の方がいいのかなぁ

    バグ報告 > その他 > 2.11.1修正ファイル デグレっているようです」も参考に
    色々試してみましたが ダメでした

    ということで 再インストール
    ec-cube_34
    途中 こんなメッセージが出ました

    かまわずデータベースを初期化してインストールです

    データベースの初期化完了

    ec-cube_24

    そしてデータベースの「照合順序」を確認ec-cube_35

    おーー ちゃんと「utf8_unicode_ci」になってます!!
    ec-cube_36

    管理画面もサンプルサイトも文字化け解消!!

    結局の原因はなんだったのだろう??
    「照合順序」が「utf8_general_ci」だったのがいけなかったのかな?
    初めから「utf8_unicode_ci」なら大丈夫だったのかも
    いや たぶん「latin1_swedish_ci」だったっぽい

    んーーーどうやら インストールしたときにデータベースの照合順序を「utf8_general_ci」や「utf8_unicode_ci」にしておいても
    「latin1_swedish_ci」になってしまうようなので
    インストールして一度テーブルを作成してから照合順序を変えてインストールし直すと楽かなー
    ※【2011/8/29追記】データベース作成時の照合順序を正しく指定できてなかっただけのようでした ただの勘違い 「utf8_general_ci」を指定してデータベースを用意しておけば問題ありません

Comments are closed.