• ie6,7でのレイアウトチェックで気になる箇所

    久しぶりにIE6での対応も考慮してマークアップをしました

    その時気になった点をメモ

    マイナスマージン利用時の画像の見切れ

    通称「ピークアブー」ってやつです(いないいないばぁ)

    p要素内にimg要素がある場合
    p要素にマイナスマージン(ネガティブマージン)を指定すると
    img要素の画像がマイナスマージン分消えてしまうことがあります

    そんなときはマイナスマージンを指定しているp要素に
    positionプロパティのrelativeを指定
    それでも消えたままの時は
    zoomプロパティに1を指定(hasLayoutをtrueに)して対処しました

    tr要素にborderプロパティを指定しても表示されない

    こんなときはth要素とtd要素にborderプロパティを指定して対処

    通称ダブルマージンはお決まりの対処

    floatプロパティにleftを指定している場合
    margin-leftプロパティを指定すると IE6の場合数値が2倍になります

    例えばmargin-left:20px;の場合IE6だとなぜかmargin-left:40px;となる

    こんなときはfloatプロパティを指定したセレクタに
    一緒にdisplay:inline;を指定すればOK

Comments are closed.